*

ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~

公開日: : 音楽 ,

 

10月11日はどうしたってミッシェルのことを思い出します。
毎年この日はミッシェルへの想いはこれとかこれに書き綴ってきました。今年からはアルバム毎に想い出を振り返ってみたいと思います。
 
1回目は3rdアルバム「Chicken Zombies」を取り上げてみます。
chickenzombies_cd




  

ロックンロールの洗礼を受けたアルバム

97年リリースのこの作品、僕が初めてミッシェルガンエレファントを聴いたアルバムです。
リリースちょっと前にシングル曲「バードメン」がロンブーの番組のテーマソングに起用されたりして少しずつ存在を知るようになりました。
 

 
当時、友人の家に行くと、隣の姉ちゃんの部屋から漏れ聴こえてきたのがこのアルバムでした。気になってテープ(まだMDは出始めで普及してなかった)を作ってもらってラジカセで聴いたときに僕はロックンロールの洗礼を浴びました。
 
解散した今振り返っても、このアルバムからミッシェルは加速していった気がします。過去2作とは異なり、最初からトップギアで最後まで走り抜ける疾走感が当時中1の僕にはとても刺激的でした。このアルバムを出した後、ミッシェルは全国50か所以上のライブハウスを回りバンドとしての凄み(狂気)を増していき、次作「GEARBLUES」へと繋がっていくんですよね。
(当時、ロッキンオンジャパンで読んだチキンゾンビーズツアーのライブレポに唄っているチバが載っていて、眼がイっちゃっててゾクッとしたのを今でも覚えています)
 
色々調べてたら、大好きだった中村貴子さんがパーソナリティをしていたNHKFM「ミュージックスクエア」の文字起こし記事を発見。チバもアベもすごく楽しそう。
ミュージックスクエア 1997.11.4 ゲスト:チバユウスケ、アベフトシ

好きな収録曲

一番最初にカッコいいと思ったのはマングースでした。
カッティングギターとの出逢いでもあった曲。速くてチャカチャカしててカッコいい。このアルバムを象徴している曲だと思いました。
 
ロシアンハスキーの疾走感がたまらなく好きです。
学生の頃、バンドでよくコピーしました。
 
一番好きなのはやっぱり④ゲットアップルーシー

 
この曲はシングルとアルバムとでver.が異なるけど、アルバムの方がちょっと速くてラフな演奏になっていて好きです。解散ライブでもやっていたなぁ。イントロのドラムを聴いただけでゾクゾクしたのを今でも覚えています。
 
エレキギターを買って初めて弾けるようになったのもこの曲のリフだったし、自分の結婚式のライブでも演奏したからとても思い入れがあります。
 
あとは⑥ブギー
悲しげでけだるくドカドカ続いていく感じが好きでした。解散ライブで聴いたときは涙が出ました。

 
他にもタイトルを見て驚いた②ハイ!チャイナ!⑩サニー・サイド・リバーも・・・うん、このアルバムの曲は全部好きだ!
 
ちなみに⑧COW5はCDとアナログとでver.が違います(ミッシェルあるある)。アナログの方がセッションっぽくて好きです。

テンション上げたいときは今でも聴く

この記事を書くにあたり、久々にレコードで聴いてますがやっぱカッコいいですね。これこそドカドカうるさいロックンロールバンド。
chickenzombies
(アルバムジャケットはCDとレコードで異なりますが、レコードの方が好きです)
 
アルバム全体を通じてここまで疾走感のあるアルバムはなかなかないんじゃないかと思います。テンションを上げたいときや車で高速を走る時に聴くと気分爽快です。
 

 
ミッシェルとの出会いになった想い出の一枚、名盤は色褪せない。
 
 
おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

ミッシェルを名盤で振り返る②「Gear Blues」~解散から12年~

10月11日はやっぱり特別な日です。気付けば4年連続でこの日にミッシェルのことを書いています。 &

記事を読む

アラサー厨二ロッカーズが好む夏のドライブBGM用邦楽ロック5撰

8月!暑い!夏休み!   旅行で車を借りてドライブなんて機会もあるかと思います。そこで

記事を読む

zacjapan

ワールドカップ日本代表の応援に相応しいテーマソング候補10撰

いよいよ開幕、ワールドカップ。 日本が勝ち進めるかも気になりますが、大きな事件が起きること

記事を読む

2015年は音楽映画(伝記、ドキュメンタリー)が豊作な件

今年はドキュメンタリーとかアーティストの伝記ものとか音楽映画が豊作のようです。 これから上映予定の

記事を読む

The Strypesという少年たちが50年以上前の音楽をカッコよくやっている件

すごくおもしろいバンドが出てきました。The Strypesというバンドです。 ・少年

記事を読む

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュージック」という良著と出会いまし

記事を読む

アラサー厨二ロッカーズが選ぶ夏の終わりに聴きたい邦楽ソング5撰

今日は8月31日。東京もここ最近の涼しい気候のせいで夏の終わりを感じぜずにはいられません。そんなわけ

記事を読む

銀杏BOYZ

新譜を聴きながら銀杏BOYZと峯田和伸のことを想う

遂に出た。銀杏BOYZの2ndアルバム「光の中に立っていてね」が出た。 前作「君と僕の第三次世

記事を読む

日本のクラブシ-ンの今後を考える~代官山AIRクローズによせて~

2015年の終わりとともに14年の歴史に幕を閉じる代官山AIR。頻繁ではなかったものの何度か通ったダ

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った ミッシェル

記事を読む

 

Comment

  1. なおこ より:

    こんばんは。初めまして。
    ミッシェルガンエレファントを検索していて立ち寄りました。昔はなんとなく知っている程度ですごくファンという訳ではなかったのですが、ふとしたきっかけで今、ミッシェルガンエレファントの曲を聞いたり、調べたりしています。
    一番、ショックだったのがアベの死でした。(敬称略)誰かが亡くなっていたのは知っていたのですが。
    もう生でアベのギターを聞くことができなんだ、もっと前からなんでファンじゃなかったんだろうと悔やまれます。
    お金が無いので、少しずつ物を揃えています。
    来月にLASTの時の写真集が完全版で出ると知り、購入を決めたのでですが、A版・B版中身は一緒なのでどちらを買ってもいいのですが、両方揃えたい気もあり、参考までもしご購入するようでしたら、どちらを購入しますか?二つとも買っちゃいますか?
    また、ミッシェルガンエレファントの記事や他の記事を楽しみにしています。

    • toku より:

      >なおこさん
      コメントありがとうございます!
      ミッシェルは心のベストテン第1位のバンドなので、今後も想い出を記事にしていきたいと思います!
      写真集は、オリジナル版を所有しているので完全版の購入は考えていませんでした。タイプが2つあるんですね。
      ちょっとあざといですね…苦笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2017年

今年もあっという間でした。 毎年恒例、Instagramを頼りに

9年ぶりにマンガを買った、「波よ聞いてくれ」というラジオ漫画を

我が家にはジャンプが毎週配達されるシステムがあったので、保育園時代から

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガ

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

→もっと見る

  • 2018年6月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑