*

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 音楽, 映画

 

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Johnny」を観てきました。
 
Looking For Johnny
ジョニーファンとしては至福のひと時でした。なのでレビューを少々。
 



  

あるパンクロッカーの生涯


 
Newyork DollsやThe Heartbreakersに在籍していたJohnny Thundersのドキュメンタリー。彼の生い立ちから亡くなるまでを当時の写真や映像とバンドメンバーや関係者のインタビューで振り返るという、ドキュメンタリーでは王道のパターン。特にハッとするような展開や演出というものはないです。言っちゃえば普通によくあるドキュメンタリーです。でも、とても見応えがあった。だってジョニーだから。

憧れのロックスターの動く姿を観れた喜び

ジョニーを知ったきっかけはミッシェルガンエレファントでした。彼らのルーツにこの人がいることを知り、大学時代に札幌の中古レコード屋でThe Heartbreakers「L.A.M.F」を買い、初めて音に触れました。
 


 

ロックンロールの伝統的な様式美とパンクの勢いが同居してる感じが、当時の自分にはツボで一発で好きになりました。中でも一番好きだったのは「One Track Mind」。
 

 
初めて人前でDJをやったときにもかけたし、ロックンロールのミックスを作ったときにもこの曲を入れました。今聴いてもカッコいい。
 

 

音は聴いたことあったけれど、映像はほとんど観たことがありませんでした。ジョニーの肉声や演奏シーンをまとめて観ることができる、ファンからすればこれだけでこの映画の価値はあるんですよね。
 

Newyork Dollsやソロのときの貴重なライブ映像も見応えはありましたが、なんたってThe Heartbreakersのライブシーンが一番興奮しました。

映画を観て気づいたこと

・Jerry Nolanのドラム
New York Dollsの頃からジョニーの良きパートナーだったわけですが、今まで彼の叩くドラムを注意して聴いたことがなかったです。ただ、「L.A.M.F」の収録曲を演奏している映像で感じました。
「あれ、ドラムってこんなパワフルだっけ?」
話の中でも触れていましたが、「L.A.M.F」は担当したエンジニアのミキシングがいまいちだったらしく、ドラムの音の力強さが損なった形で音源になってしまったそうです。いやぁもったいない。手数が多いわけでもないし、巧いという感じでもない、ただ8ビートを正確に力強く刻む、とても好きになりました。
 

・Sid Viciousとの共演
シドはジョニーに憧れていた、でもシド演奏もままならない状態であることを判断してベースアンプのシールドを抜いたというエピソードは笑いました。The Heartbreakersがイギリスに渡っていなかったらロンドンパンクは違ったものになっていたんだろうなと改めて感じました。
 

・Bob Dylanの賛辞
終盤にドールズの元メンバーSylvain Sylvainが興奮しながらディランがジョニーに贈った賛辞を紹介します。
「“You can’t put your arms around memory”を書いた男になりたかった。」
 

 
このエピソード知らなかったので、これにはおぉ~!ってなりました。ちょっと寂しげだけど、いい曲ですよね。

You can’t put your arms around a memory. Don’t try.
(想い出は抱き寄せてはいけない、やめた方がいい)

 
ジョニーがこの賛辞を聞くことができたかはわかりませんが、聞けていたとしたらきっとものすごく喜んだでしょうね、
 

Johnny×Rude
 

この映画を乱暴に一言でまとめてしまえば、「薬に溺れたヤク中ロッカーの話」ってことになると思います。
娘の誕生や周囲のサポートがありながらも薬から抜け出せなかったのは救いようがないかもしれません。でも、そんな脆さとカッコいいロックンロールナンバーをいくつも送り出したロックスターの両面があってジョニーなんだなと改めて感じられました。なんか、ダメなところも含めて嫌いになれない。人間らしいと言うと軽くなっちゃいますが、そんなところも含めて彼のことをさらに好きになれました。
 

…と書いて、映画のレビューをググッていたら井上貴ちゃんも同じようなことを思っていました!
 
ジョニー・サンダースを探して…映画『Looking for Johnny』を観た!
 
中1のときにNHK-FM「ミュージックスクエア」を愛聴していた元リスナーとしては感激しました。
 
 
 
追加上映あると思ったら、なかった…orz
 
THEATER | Looking For Johnny -ジョニー・サンダースの軌跡-
 
一般的な人気はそんななのかな~
 
 
というわけで紹介したのに劇場で観ることができないという残念なタイミングではありますが、
そこはロックの日に免じて許して下さい。
 
 

おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

casanova

6/9、今日はロックの日

早いもので開設宣言から1ヶ月が経ちました。。 って、更新してませんでしたね。すみません。

記事を読む

「EDEN」を観て感じたDJのことクラブのこと青春のこと

いやぁ、今年は音楽系映画の当たり年ですね。先日、DJを題材にしたフランス映画「EDEN」を観てきまし

記事を読む

日本のクラブシ-ンの今後を考える~代官山AIRクローズによせて~

2015年の終わりとともに14年の歴史に幕を閉じる代官山AIR。頻繁ではなかったものの何度か通ったダ

記事を読む

ミッシェルガンエレファントが解散して10年が経った

10年前の10月11日の今日、ミッシェルガンエレファントという偉大なロックンロールバンドが解散しまし

記事を読む

銀杏BOYZ

新譜を聴きながら銀杏BOYZと峯田和伸のことを想う

遂に出た。銀杏BOYZの2ndアルバム「光の中に立っていてね」が出た。 前作「君と僕の第三次世

記事を読む

「パーソナル・ソング」を観て感じた音楽体験の素晴らしさ

学生時代からドキュメンタリー映画が好きで、劇場に観に行くこともちょいちょいありました。でも、パンフレ

記事を読む

Bloodthirsty Butchers 吉村秀樹氏を偲ぶ

吉村秀樹氏の訃報を知ったのは16時頃だった。 突然のニュースに動揺し、その後は仕事があ

記事を読む

「バンクーバーの朝日」を見て感じた野球のシーンと編集のこと

映画新年一発目は去年の夏くらいから気になっていた「バンクーバーの朝日」を鑑賞。  

記事を読む

zacjapan

ワールドカップ日本代表の応援に相応しいテーマソング候補10撰

いよいよ開幕、ワールドカップ。 日本が勝ち進めるかも気になりますが、大きな事件が起きること

記事を読む

live

あんまり好きじゃなかったけど、ライブ観てゾッコンになった邦楽ロック5曲

前回のエントリーから、厨二ロック熱が高まったままです。 「BEACH」に収録されている「人間」を聴

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

Instagramで振り返る2015年

2015年、あっという間でした。 個人的に大きな変化の年となりました

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑