*

ミッシェルを名盤で振り返る②「Gear Blues」~解散から12年~

公開日: : 最終更新日:2015/10/11 音楽 ,

 

10月11日はやっぱり特別な日です。気付けば4年連続でこの日にミッシェルのことを書いています。
 
ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った
ミッシェルガンエレファントが解散して10年が経った
ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~
 
昨年から始めた名盤レビュー。2回目は4thアルバム「GEAR BLUES」です。
 

 



  

人生で初めて買ったレコード

この前作にあたる「Chicken Zombies」でミッシェルと出会い、ひたすら3枚のアルバムを聴き倒していた中2の頃。初めてフジロックを観て(テレビで)ライブパフォーマンスに衝撃を受け、
 

 
「G.W.D」のイントロのベースラインを人生初耳コピで弾きまくり、中学校の昼の放送で「スモーキンビリー」をかけて隣のクラスの担任に「やかましい曲やなぁ」とボヤかれたりとミッシェルにどっぷりと浸かっていきました。
 
その年の秋に出たのが「GEAR BLUES」。ミッシェルは毎回CDと同時発売でレコードを出していて、家にも親のレコードプレーヤーがあったので思い切ってレコードを購入。これがレコード初体験となりました。
 

好きな収録曲

レコード擦り切れるほど聴いたアルバムなもんで、ほとんどの曲が好きです。
その中でも3曲挙げるとしたら・・・以下ですかね。
 
・サタニックブンブンヘッド

 
最初に聴いたとき、衝撃を受けました。「サタニックブンブンヘッド」しか言ってないのにメチャクチャかっこいい。またドラムのイントロがたまんない。初めて行ったミッシェルのライブ「WORLD PHYCO BLUES TOUR」@ZEPP札幌(98.12.21)の1曲目がこれで、イントロでダイブが出て圧倒されたのを今でも覚えています。
 
もう一つ忘れられないエピソードがあります。「LAST HEAVEN TOUR」@ZEPP札幌(03.09.13)、ダブルアンコールの「世界の終わり」が終わって客電がついたときに使われていたのがこの曲でした。普通はそこで帰るのに誰も帰ろうとしない。それどころか合唱が始まってテンポが速くなるとことからはモッシュ大会。曲が終わった後の一体感がたまらなかったな。
 
・ボイルドオイル

 
最初に聴いたときはそれほど好きじゃなかった。中坊には上述の「サタニックブンブンヘッド」や「スモーキンンビリー」や「フリーデビルジャム」といったテンポの速い曲の方が魅力的に聴こえていました。ただ、歳を重ねるにつれこの曲のシンプルなギターリフ、踊りやすいテンポ、そしてウエノのうねるベースラインがツボになっていきました。「天国か地獄か知らねってんだ Love me tender ぶち込んでんだ」って押韻が好きです。
 
・ダニーゴー

 
この曲を初めて聴いたのはアルバム発売前のラジオで。ちょうどその日、熱があったので部屋で寝ながらNHKFM「ミュージックスクエア」を聴いてました。ゲストに出ていたのがミッシェルで、最後に紹介されたのがこの曲でした。イントロで大好きになりました。アルバムの中でもダントツで再生回数が多いです。高校の学祭のライブにコピーバンドで出たときのラストにもこの曲を演奏しました。ミッシェルの曲の中で一番好きです。ちなみにレコードに収録されているver.はCDとはちょっとだけ違っていて、そこもお気に入りの理由の一つです。
 

自分の厨二病時代を共に過ごした想い出の作品

入手してから半年は、ほぼこのアルバムを聴き続けていました。世間的にもミッシェルの存在を決定づけた作品とされていますが、この作品が醸し出す狂気にヤラれて夢中になっていたんだと思います。
 
gearblues
当時、中2で多感な時期ということもあって人間関係に悩むこともあったわけですが(恥w)、心の拠り所にもなっていたんだと思います。
今聴いてもこの黒さ、重さ、カッコいいです。
 

 

ミッシェルにどっぷり浸かった想い出の一枚、名盤は色褪せない。
 
 
おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

The Strypesという少年たちが50年以上前の音楽をカッコよくやっている件

すごくおもしろいバンドが出てきました。The Strypesというバンドです。 ・少年

記事を読む

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュージック」という良著と出会いまし

記事を読む

2015年は音楽映画(伝記、ドキュメンタリー)が豊作な件

今年はドキュメンタリーとかアーティストの伝記ものとか音楽映画が豊作のようです。 これから上映予定の

記事を読む

「シュガーマン 奇跡に愛された男」レビュー

昨夏の「ルーツオブレジェンド」以来の音楽ドキュメンタリーを観てきました。 「シュガーマ

記事を読む

CDJスタンドの購入をやめて予算7000円で棚(置き台)を自作してみた

さすがにクラブでプレイすることはなくなりましたが、家ではちょこちょこやってます、DJ。 前回書いた

記事を読む

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Joh

記事を読む

アラサー厨二ロッカーズが好む夏のドライブBGM用邦楽ロック5撰

8月!暑い!夏休み!   旅行で車を借りてドライブなんて機会もあるかと思います。そこで

記事を読む

「EDEN」を観て感じたDJのことクラブのこと青春のこと

いやぁ、今年は音楽系映画の当たり年ですね。先日、DJを題材にしたフランス映画「EDEN」を観てきまし

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~

10月11日はどうしたってミッシェルのことを思い出します。 毎年この日はミッシェルへの想いはこれと

記事を読む

Bloodthirsty Butchers 吉村秀樹氏を偲ぶ

吉村秀樹氏の訃報を知ったのは16時頃だった。 突然のニュースに動揺し、その後は仕事があ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガ

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

→もっと見る

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑