*

The Strypesという少年たちが50年以上前の音楽をカッコよくやっている件

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 音楽 ,

 

すごくおもしろいバンドが出てきました。The Strypesというバンドです。

strypes

・少年
年若い人のことを指し、特に男性未成年者で、おおよそ7歳から18歳頃までの世代を指す(wikipedia参照

上記の定義でいえば、彼らは完全に少年です。(平均年齢16歳)一回り違うw
そんな彼らがやる音楽がめちゃめちゃシブくてカッコいいです。




  

知るきっかけ

ロッキンオンのツイートで来日情報を読んで、初めて名前を知りました。
最初はThe White Strypesが復活したのかと思いました。

 
蓋を開ければ16,17歳の少年たちというからビックリ。
その後も入ってくる情報は・・・
・アイルランド出身のR&Bバンド
・Bo Diddley、The Rolling Stones、Dr.Feelgoodの影響を受けている
・Jeff Beck やPaul Wellerが絶賛
・Elton Johnが惚れ込んで自身が経営する事務所に勧誘した
もう、こりゃ聴くしかないなと。

 

ベースに惚れた

名前を知ってから間も無く、ラジオで聴くことができました。

「Blue Collor Jane」

 
こりゃいい!
とてつもなく古臭い音。50年前のR&B。
※ここで言うR&Bすなわちリズムアンドブルースは、40年代にそれまでレイスミュージックと呼ばれていた黒人音楽の別の呼び名であり、ロックンロールと限りなく近い音楽を指すもので、現代のR&Bとは大きく異なります。(wikipedia参照
 
初期のストーンズに似た印象。
何よりこのご時世に半世紀も前の音を二十歳に満たない少年達が出してるのが痛快。
 
とりわけベースに惚れました。
うねりながらも、落ち着きのある安定した演奏、
ミッシェル時代のウエノコウジのベースを思い出しました。

 
もう10年も前になりますが(そんなに経つのか!)、

The Libertinesの1stアルバムのライナーノーツで山崎洋一郎氏が“(アルバムを)レコーディング用のヘッドホンを、コードを体にグルグルに巻き付けて爆音で頭振りながら聴きたい”というようなことを述べていましたが、まさにそういう気持ちになりました。
現にウォークマンで聴きながら頭振ってましたw
それだけノレるんです。

 

おかげで音楽を遡ることができる

今回発売された日本デビュー作は、オリジナル2曲、カヴァー5曲の7曲構成。
カヴァーの曲は50年以上前の往年のR&Bナンバーがズラリ。
強い思い入れがあるようで、

“ザ・ローリング・ストーンズの初期3枚のアルバムには、それぞれオリジナル曲が3曲あっただけ、ザ・ビートルズだって初めのアルバムはカヴァーだけだよ”
“これはブルースの伝統だよ、ただのカヴァーじゃないんだ、再解釈をして、改めて人々に聞いてもらうんだよ”
参照:CDJournal ニュース

とインタビューでも語っています。
 
これ、リスナーとしてもとてもありがたいことで、
カヴァーからオリジナルを辿っていけるんですよね。
 
例えば、M4「You Can’t Judge A Book By The Cover」は、オリジナルはBo Diddleyですが、The Rolling Stonesもカヴァーしています。
それぞれ聴き比べると面白いです。
 
Bo Diddley

 
The Rolling Stones

 
The Strypes

 
こうやって聴いていくと、Bo DiddleyやThe Rolling Stonesの他の曲が気になったり、その世代の他のバンドが気になったりとThe Strypesをきっかけに関心が広がっていくわけです。
とてもステキなことですよね。

 

先月の来日公演はソールドアウトで大盛り上がりだったみたいですね。
夏フェスは出演しないみたいですが、10月にまた来日公演があるようです。
どんどん大人っぽくなって魅力が増していくんでしょうね。
 
今から2年前のライブ映像を見ると今よりさらにあどけないw
でも演奏曲はThe Beatles、The Who、The Kinks、David Bowieなど。

 
フルアルバムも作成中とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。
→9/11にリリースされました!(レビューはコチラ


 
おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

Bloodthirsty Butchers 吉村秀樹氏を偲ぶ

吉村秀樹氏の訃報を知ったのは16時頃だった。 突然のニュースに動揺し、その後は仕事があ

記事を読む

Nicky Sianoに酔いしれた夜 -A Tribute to Larry Levan 2014-

ダンスミュージックが好きで、好きなDJのパーティーだと一人で行っちゃいます。  

記事を読む

ブッダがカッコよすぎて他の日本のヒップホップが聴けなかった

「病める無限のブッダの世界」を聴きながらこの記事を書いている。    

記事を読む

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュージック」という良著と出会いまし

記事を読む

アラサー厨二ロッカーズが好む夏のドライブBGM用邦楽ロック5撰

8月!暑い!夏休み!   旅行で車を借りてドライブなんて機会もあるかと思います。そこで

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガンエレファントが解散して9年が

記事を読む

「パーソナル・ソング」を観て感じた音楽体験の素晴らしさ

学生時代からドキュメンタリー映画が好きで、劇場に観に行くこともちょいちょいありました。でも、パンフレ

記事を読む

DJ向井理のハウス愛を知る-inter FMを聴いて-

先日、ラジオでおもしろい番組がやってました。   「OSAMU MUKAI BODY&

記事を読む

TMGE SHIBUYA RIOT観覧レポート~ミッシェル解散から10年に思う~

先日発売された「LAST HEAVEN Ⅱ」の特典CDを聴きながらこの記事を書いています。 &nb

記事を読む

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Joh

記事を読む

 

Comment

  1. […] 今回もカヴァーは多く収録されていて、16曲中8曲がカヴァーになっています。 以前の記事でも書きましたが、彼らの先人たちの曲をカヴァーすることについては強い想い入れがあり、そ […]

  2. […] 関連記事:The Strypesという少年たちが50年以上前の音楽をカッコよくやっている件 関連記事:今日はロックの日 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2017年

今年もあっという間でした。 毎年恒例、Instagramを頼りに

9年ぶりにマンガを買った、「波よ聞いてくれ」というラジオ漫画を

我が家にはジャンプが毎週配達されるシステムがあったので、保育園時代から

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガ

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑