*

Nicky Sianoに酔いしれた夜 -A Tribute to Larry Levan 2014-

公開日: : 最終更新日:2016/01/03 音楽 ,

 

ダンスミュージックが好きで、好きなDJのパーティーだと一人で行っちゃいます。
 
mirrorball
Nicky Sianoが出演した先日のパーティーも一人で観に行きましたが、忘れられない夜になりました。
今回はそのレポートをお送りします。
 



  

リビングレジェンド

まずNicky Sianoについて軽く触れておきます。
 

 

  • DJ歴42年(!)
  • イタリア系アメリカンですごく陽気
  • 17歳で自身のクラブ「GALLERY」を始める
  • 現在に継承されるスムーズなビートミックス(曲のつなぎ)を初めてやった人
  • クラブで初めて(たぶん)ターンテーブルを3台使った人
  • ベース用のスピーカーを初めてクラブに導入
  • クロスフェーダーミキサーを初めてクラブに導入
  • 10代のLarry Levan、Frankie KnucklesをGALLERYで雇い、DJのイロハを教えた
  • 足でミックスしたという逸話がある
  • 「Studio54」でレジデンスDJを務める(が、クラブの方針に合わず5ヶ月でクビ)
  • DJを休業して福祉関係の学位を取得、HIVに関する書籍を執筆(ベストセラー)
  • 今はレコードではなくMacでプレイする

 
二言でまとめると、
今のDJスタイルを確立させた
Larry LevanとFrankie Knucklesというレジェンドに影響を与えた
というDJ界の生ける伝説なわけです。
 
ハウスミュージックの傑作ドキュメンタリー「MAESTRO」でその存在を知り、雑誌Waxpoeticsで彼の人柄とGALLERYの雰囲気を知り、今回リリースされたドキュメンタリー「LOVE IS THE MESSAGE」で当時の熱を感じることができました。
 

 
そんな彼が9年振りに来日!これは行くしかないと胸ときめかせて恵比寿リキッドルームに向かいました。

 

パーティーレポート

12時を回るちょっと前に会場入り。入り口でこんなものもらいました。
keith
キースへリングのイラストが素敵です。70年代当時もこのように配ってたんですかね。
 
メインフロアはまだ開いておらず、2Fのロフトで一休み。
 
loft
 
ここのくつろげる雰囲気、とても好きです。選曲もまだゆるい感じだったのでソファに座って仮眠(早いw)。
小一時間寝てスッキリしたら、ロフトでもガラージクラシックが流れていたので準備運動がてらひと踊りしていざメインフロアへ。
 
 
トップバッターのMOODMANが回していました。フロアの中心部にミラーボールがあるのがとてもステキでした。
 
moodman
音がいい感じで古い♫70年代のブギー調の曲をかけながら、会場をあっためていました。
会場を見渡すと自分より年上であろう夜遊び好きな方々が多かったように見られます。それぞれがそれぞれのペースで楽しんでいる様子。
 
ガラージのロゴがスポットライトに照らされていました。Larry喜んでるかな。
 
gararge
 
30分くらいすると、DJがNORIさんにチェンジ。
 
djnori
SALSOUL,WESTENDの楽曲中心のセット。すごくツボ。そして相変わらずレコードをセットする、ピッチを合わせる、ミックスするいでたちがカッコいい。ミックスはカットインやつながないロフトスタイルなどさまざま。展開や曲の性質に合わせて使い分ける、勉強になりました。
大好きなRipple「The Beat Goes On」をプレイしていたのがとても嬉しかったです。
 

 
 
ステージにはブースが2つあったのですが、使っていない方のブースで動きが。
 
norinicky

Nicky!スキンヘッドにParadise Garargeのノースリーブシャツ(袖破った)。Macをセットし始めた。あら還の爺ちゃんがラップトップでDJってすごいことですよね。GALLERY時代から最新の設備を取り入れてきたスタイルの表れですね。
 
Nickyが現れてからも1時間ほどNORIさんのDJが続き、軽快な曲でフロアを上げてNickyにバトンタッチ。NORIさんかっこよかったです!
 
nicky01
Nickyは代名詞とも言える列車(ヘリだったかも?)の効果音を使ってスタート。
これでもかっていうくらいの極上のダンスクラシックを連発。とにかくテンションが高い。
 
First Choice「Dr.Love」を両手を広げながら唄ってプレイしていたw
 
nicky2
ただそんなノリノリでプレイしているのにミックスは恐ろしいほどに正確無比。自分でも何度もやって失敗してるからわかりますが、ダンスクラシックの曲はビートが揺れて一定じゃなかったり、イントロからメロディが入っていてビートが聴き取りづらかったりとハウスやテクノに比べてミックスが難しいんです。そんなダンスクラシックをミックス直前まで唄って踊ってアイソレーターをいじりながら、スッとビートミックスさせてしまう、これには溜息がでました。さすがレジェンド。
 
そんな彼がDJにとって最も大切なのはミックスではなく選曲と言っているところがまたカッコいいです。
ミックスが重要なポイントになりすぎている。|Nicky Siano Interview
 
そして、僕が大好きな曲にチェンジされた瞬間、思わず涙がこぼれました。
 
The Salsoul Orchestra feat. Loleatta Holloway「Runaway」


 
このときの幸福感、動画からも伝わると思いますが、本当にすごかったんです。今まで行ったパーティーの中でも3本の指に入るハイライトでした。
 
約2時間半プレイしたNickyの後を引き継ぐのは、
 
tohru
Mr.TTこと高橋透さん。
3年前にここリキッドルームで透さんDJ休業前の最後のパーティーで観て以来。Nickyの選曲の流れを汲んだダンスクラシックを次々と投入。Nickyとは対照的な控え目なアクションがらしくてステキ。
 
時間がam4時を回り、体力も限界に近づきウトウトしていましたが、次の曲で目が覚めました。
 
Dan Hartman「Relight My Fire」

 
この曲は自分がDJするときも必ずプレイする大好きな曲だった(↑の動画はその当時のもの)ので、飛び起きてフロアの真ん中に行って踊りました。キラキラのミラーボールに照らされて見えるお客さんがみんな笑顔。本当にいい雰囲気だったなぁ。
透さんのプレイに後ろ髪ひかれながらもam6時に会場を後にしました。

 

70年代のNYの熱を少し感じられた

本当に楽しかった!自分も含めお客さんみんな笑顔だったんじゃないかと思います。40年前にNYのアパートを改装してやっていたGALLERYもこんな雰囲気だったのかなぁと帰りの電車で感慨に耽りました。(ただ、当時の社会事情を考えれば現代がいかに恵まれているかも実感しました)
 
70〜80年代のダンスクラシックの素晴らしさ、音楽を全身で感じて自由に踊ることの楽しさを再認識できました。こんな素晴らしいイベントの協賛に入ってくれたRedbullには本当に感謝です。引き続きシュガーフリー愛飲します!
 
redbull01
年齢もあるし、Nickyを観れたのはこの日が最後になるかもしれません。だとしても、彼の全力のパフォーマンスを間近で観て踊って満喫できたので後悔はないです。
そしてクラブカルチャーの礎を築いてくれた偉大なる先人に改めて感謝。その恩恵を感じつつ、これからもパーティーに行ったり、自分でもDJを楽しみたいと思う次第です。
 
 

おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

Bloodthirsty Butchers 吉村秀樹氏を偲ぶ

吉村秀樹氏の訃報を知ったのは16時頃だった。 突然のニュースに動揺し、その後は仕事があ

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~

10月11日はどうしたってミッシェルのことを思い出します。 毎年この日はミッシェルへの想いはこれと

記事を読む

snapshot

The Strypes「Snapshot」レビュー

いやはや、やってくれましたよ少年たち。   もうね、キラっキラのロックンロールです

記事を読む

ブッダがカッコよすぎて他の日本のヒップホップが聴けなかった

「病める無限のブッダの世界」を聴きながらこの記事を書いている。    

記事を読む

フジテレビ「THE ROCK STORIES」を観て ※ネタバレあり

先日、フジテレビで放送されたロック特番がとてもおもしろかったんです。   「T

記事を読む

The Strypesという少年たちが50年以上前の音楽をカッコよくやっている件

すごくおもしろいバンドが出てきました。The Strypesというバンドです。 ・少年

記事を読む

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Joh

記事を読む

casanova

6/9、今日はロックの日

早いもので開設宣言から1ヶ月が経ちました。。 って、更新してませんでしたね。すみません。

記事を読む

Technics SL1200-MK5

ターンテーブル(Technics SL1200)を自力で修理してみた(ケーブルのはんだ付け)

今回は少しマニアックなネタを。 私、趣味でDJをたしなんでおりまして。   CD

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った ミッシェル

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

Instagramで振り返る2015年

2015年、あっという間でした。 個人的に大きな変化の年となりました

→もっと見る

  • 2017年4月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑