*

アラサー厨二ロッカーズが好む夏のドライブBGM用邦楽ロック5撰

公開日: : 音楽 ,

 

8月!暑い!夏休み!
 
旅行で車を借りてドライブなんて機会もあるかと思います。そこで重要なのがBGM。今のレンタカーはほとんど携帯オーディオの接続ケーブルがついているので、気軽に好みの音楽を聴けちゃいますよね。そこで、今回はアラサー厨二ロッカーズにはツボな邦楽ロックBGMをご紹介。
 
naptime-1540192-638x425
 



  

アラサー厨二ロッカーズにとって00年前後は青春の極み

まさに私がアラサー厨二ロッカーなのですが、振り返ると青春時代は本当にいい時期を過ごしたなぁと。自分が中学~高校の頃のトピックをざっと挙げてみると、

  • FUJI ROCK FESTIVALスタート(97年)
  • Dragon Ash、くるり、スーパーカーがデビュー(97年)
  • RISING SUN ROCK FESTIVALスタート(99年)
  • SUMMER SONICスタート(00年)
  • ROCK IN JAPANN FESTIVALスタート(00年)
  • サニーデイサービス解散(00年)
  • BLANKEY JET CITY解散(00年)
  • HI-STANDARD活動休止(00年)
  • JUDY AND MARY解散(01年)
  • Syrup16gデビュー(01年)
  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT解散(03年)

 
と、日本のフェス創成期とカッコいいバンドの解散やデビューが多くあった時期を思春期で体験できてるわけです。
ミッシェルやブランキーがMステに出たときのワクワク感とか、ロッキンオンジャパンでRSRの第一回のライブレポを興奮しすぎて落ち着いて読めなかった感覚とかは、今の若者たちに対して自慢したい体験です。

おすすめ邦楽ロックBGM5撰

そんなロック少年も今やアラサー。でもあの時の想い出は色褪せない。そんな想いを胸に選んだ車内BGMはこれだ!
 
 
①SUPERCAR 「スリーアウトチェンジ」
 

 
この記事テーマを考えたときに真っ先に思いついたのがこのアルバムの一曲目「CREAM SODA」のイントロのギターでした。
 

 
SUPERCARはアルバム5枚どれも好きですが、この1stアルバムはラストアルバムの「ANSWER」と同率1位です。洗練されてない荒削り感とかさきの「CREAM SODA」とか「LUCKY」の石渡氏が弾くセンチメンタルなギターフレーズにとても夏を感じます。
 

 
 
 
②JUDY AND MARY 「Orange Sunshine」
 

 
小学生のときに観ていた「めちゃめちゃモテたい」(めちゃイケの前身)のオープニング曲に「自転車」が使われていて、そのときの映像がホテルのプールサイドだったんです。それ以来、この曲に夏の印象がついてます。ジュディマリの中で最もポップなアルバムだと思ってます。「Hello!Orange Sunshine」のTAKUYAの自由なギターが好き。
 

 

 
 
 
③THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「High Time」
 

 
数少ないこのブログの読者は私が熱狂的ミッシェルファンということはご存知だと思いますが(これとかこれとか)、ミッシェルの中で選ぶならこの2ndアルバムです。初期のR&B色が色濃いこのアルバムは軽快な曲が多く、ドライブが楽しくなること間違いなし。「sweet MONACO」の疾走感なんかすごく気持ちいい。
 

 
「シャンデリヤ」、「Blue Nyron Shirts」もいいし、後半の「スロー」も好きだな〜
まぁでも一番好きなのは「リリィ」。解散ライブで演奏したときの後奏のギターのフィードバックが未だに耳に残ってます。
 

 
なお、3rd「Chicken Zombies」もオススメですが、高速で聴くとノリが良すぎて車がスピードオーバーする危険があるので注意w(経験談)
 

 
 
 
④KEMURI 「77days」
 

 
夏といえばスカパンク。スカパンクといえばこの人たち。聴いててポジティブになれます。中でもやはりこの曲、「P.M.A」。
 

 
一度ライブを観た人ならわかると思いますが、小刻みに動くVo.伊藤ふみおさんの姿が思い浮かんで笑えてきます。なんで、聴いてるとフェスに行った気分になれるんです。いまだにフェスに出続けてるのは本当すごい。
 

 
 
 
⑤FISHMANS 「8月の現状」
 

 

上記4枚とはタイプが違うこちらはドライブの帰り道、夕暮れ時や夜の落ち着きたいときにオススメです。FISHMANSはどのアルバムも素晴らしいんですが、このライブ盤を選んだ理由は収録曲の組み合わせとライブテイクが好みだからです。全部いいんですが、特にたまらないのは「バックビートにのっかって」、「SEASON」。
 

 
沁みる。とても沁みる。
 

 
 
 
 
アラサー厨二ロッカーズの皆様いかがでしたでしょうか?ぜひドライブに行く際は参考にしてみてください。
 
でも安全運転でね!
 
 

おしまい。

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

「シュガーマン 奇跡に愛された男」レビュー

昨夏の「ルーツオブレジェンド」以来の音楽ドキュメンタリーを観てきました。 「シュガーマ

記事を読む

ブッダがカッコよすぎて他の日本のヒップホップが聴けなかった

「病める無限のブッダの世界」を聴きながらこの記事を書いている。    

記事を読む

zacjapan

ワールドカップ日本代表の応援に相応しいテーマソング候補10撰

いよいよ開幕、ワールドカップ。 日本が勝ち進めるかも気になりますが、大きな事件が起きること

記事を読む

The Strypesという少年たちが50年以上前の音楽をカッコよくやっている件

すごくおもしろいバンドが出てきました。The Strypesというバンドです。 ・少年

記事を読む

また一つ好きな場所がなくなった~西麻布elevenクローズによせて~

先日、東京でも好きな場所だったひとつが無くなった。     西麻布にあ

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る②「Gear Blues」~解散から12年~

10月11日はやっぱり特別な日です。気付けば4年連続でこの日にミッシェルのことを書いています。 &

記事を読む

Technics SL1200-MK5

ターンテーブル(Technics SL1200)を自力で修理してみた(ケーブルのはんだ付け)

今回は少しマニアックなネタを。 私、趣味でDJをたしなんでおりまして。   CD

記事を読む

Nicky Sianoに酔いしれた夜 -A Tribute to Larry Levan 2014-

ダンスミュージックが好きで、好きなDJのパーティーだと一人で行っちゃいます。  

記事を読む

ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った

トクログ初の連日投稿になります。この先ないかもしれないくらいレアです。  

記事を読む

銀杏BOYZ

新譜を聴きながら銀杏BOYZと峯田和伸のことを想う

遂に出た。銀杏BOYZの2ndアルバム「光の中に立っていてね」が出た。 前作「君と僕の第三次世

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

9年ぶりにマンガを買った、「波よ聞いてくれ」というラジオ漫画を

我が家にはジャンプが毎週配達されるシステムがあったので、保育園時代から

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガ

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑