*

「覚悟」(栗山秀樹・著)レビュー

公開日: : 最終更新日:2014/06/18

 

いよいよ今週末は日本シリーズでございます。

わが日本ハムファイターズが巨人軍にどんな戦いを繰り広げるか?
とても楽しみです。

そんな、日本シリーズ開幕前に日ハム栗山監督の著書「覚悟」
読みましたのでレビューを。




  

概要

栗山さんが北海道日本ハムファイターズの監督要請を受けた経緯から、シーズンに入る前の選手とのやり取り、栗山さんが尊敬する三原監督、野村監督らから学んだこと、
シーズンを戦っていく上での気付きや印象に残っていることを時系列に沿って
記述している手記、備忘録のような内容でした。

 

感心したこと

監督就任時にも言っていた、
「とにかく熱さを持って前に進む。チーム、選手のためになれるか、前を向いて行きたい」
という言葉を体現していたんだなと。

選手を心底信頼して、選手が力を発揮できるように万事を尽くす、
そのためには自分の“個”はいらない 

この考えを徹底して実行していたことが本を読んで改めて伝わりました。

 

共感したこと

本の中で、

“ 「教えてるつもりなんだけど」のつもりはいらない。つもりは言い訳だ。” 

ということが書いてありました。
選手が望んでいることをできないのは教えてないからであって、教えてない指導側の責任だ
という内容でした。
これには共感しました。
野球の世界だけじゃなく 、部下・後輩がミスをする、思うように動いてくれないという場面は
よくあると思います。自分も先輩の立場でこういう場面に遭遇したことはあります。
「なんでだよ!」と怒りたくもなりますが、教わってないからと考えると納得できます。
最近の若者は礼儀を知らない⇒だって親や学校で教えてないから
↑こう思っていたので、とても共感しました。
ただ、これを責任問題があれば即バッシングや進退に結び付くプロ野球の世界で
公言し、「打てなかった、勝てなかったのは監督である自分のせい」と言えるのは
すごいと思います。選手を心底信頼しているからこそですね。

 

感想

日記に近い書き方だったので、会見やインタビューで見ていた栗山監督の人柄が
存分にわかる内容でした。
ジャーナリスト出身だけあって文章も分かりやすいので読みやすいです。
注文をつけるとすれば、監督就任時の紆余曲折はもっと突っ込んで書いてほしかったです。
おそらくシーズン中の執筆だったこともあって、本にライブ感があってよかったと思う一方で、
栗山さんの選手のマネジメント方針や組織論なんかは別のかたちで
まとめて読んでみたいと思いました。(きっと売れますし)

今シーズン、もう一度黒ラベルで祝杯をあげさせて下さいな。

 

関連記事:【雑記】日ハム栗山監督の受け答えがステキすぎる件

 

おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

「海賊とよばれた男」(百田尚樹・著)レビュー

夢中になれる本と出会うことは本当に幸せですね。 苦痛だった電車通勤の時間が待ち遠しくてたまらなくな

記事を読む

半沢直樹第4弾「銀翼のイカロス」を読んで、実写化を妄想してみる

前回は3日、今回は2日で読了してしまいました。   「銀翼のイカロス」。 &nb

記事を読む

imgogp2

半沢直樹第3弾「ロスジェネの逆襲」を読んで、実写化を妄想してみる

一気に読んでしまいました。。。   半沢直樹シリーズ。   もうペー

記事を読む

「新幹線お掃除の天使たち」(遠藤功・著)レビュー

なんたって読書の秋ですよ。 今まで、 Amazonでポチる→届く→本棚に並べる→満足する

記事を読む

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ「新しい文章力の教室 苦手を得

記事を読む

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュージック」という良著と出会いまし

記事を読む

「MEDIA MAKERS」(田端信太郎・著)レビュー

新年明けましておめでとうございます。 今年もトクログをよろしくお願いします。   新

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

Instagramで振り返る2015年

2015年、あっという間でした。 個人的に大きな変化の年となりました

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑