*

「バンクーバーの朝日」を見て感じた野球のシーンと編集のこと

公開日: : 最終更新日:2015/02/12 映画

 

映画新年一発目は去年の夏くらいから気になっていた「バンクーバーの朝日」を鑑賞。
 
vancouver

意外にも初めて観た石井作品。うん、おもしろかった。おもしろかったけど2.8(5段階)くらいでした。ただ、色々と感じることがあったのでそのレビューを。




  

戦前に実在したカナダの日本人野球チームの話


 
監督、役者も素晴らしかったんですが、この映画は何より美術が素晴らしかったです。舞台セットは日本に作ったそうですが、当時っぽさがすごく出ていました。
 
一番目がいったのは野球グローブ。これがとてもよくできていました。沢村栄治やスタルヒンの写真で見たことのある今より形がいびつで使いずらそうな形、そしてグローブのポケットがなく捕りづらそうな感じもしっかり出ていました。(妻夫木聡が怪我したのもうなずけます)
 
 

野球経験者として観た野球シーンの感想

Vintage baseball, bat and glove isolated on white
野球の話なので野球のシーンはけっこうありました。総じて良かったですが中でも良かったのは以下3つ。
 
・池松壮亮の打つ構え
なんでも高校までやっていたみたいで。だからかとても構えが自然体。なにより左ってところがカッコよかったです。打席で一番映えてました。
 
・妻夫木のリード→盗塁
出塁した後の妻夫木をアップでずっとカメラが追ってたんですが、とても臨場感が伝わってきました。石井監督曰く「本人は芝居をしようとしていないんじゃないか」と述べていますが、たしかに無我夢中という感じが伝わってきます。リードされている状況で(反撃できる見込みは少ない)牽制球を気にしながら次の塁を盗りにいく、野球経験者なら味わったことのあるあの一瞬も気の抜けないハラハラ感がよく出ていたと思います。監督があの顔を撮りたかったというのもわかる気がします。
参照:『バンクーバーの朝日』石井監督×妻夫木聡、「この映画は表情がすべて」
 
・妻夫木と亀梨のバント研究
セーフティバントがカナダ人に対して有効だとわかり、二人は夜の素振り時にバントをより追求しようとします。バントの構え、構えに切り替えるタイミング、バントした後の動き方。そんな中でバントした後に踏み出す足を右足にしたらいいか左足にしたらいいかを話して試すシーンがすごくよかったです。学生時代にチームメイトと同じようなことをしていたのを思い出しました。
参照:『バンクーバーの朝日』妻夫木聡&勝地涼&池松壮亮 単独インタビュー – シネマトゥデイ
 
 
 

背景説明とフォーカス、編集の難しさ

“説明しないと伝わらない、でも説明が入りすぎるとフォーカスしきれない、よって響かない”
 
今回の映画を観て、上記のことを強く感じました。
内容って見る人によって評価は異なるもの。十人十色。
様々なタイプの人が見ても“それなりに”楽しめるようになっていたと思います。
 
僕は野球に惹かれて観たクチなので、もっと野球にフォーカスしてほしかったです。
バントの工夫点や相手バッターのデータを採って弱点のコースを攻める、守備陣形を変えるといった戦術の経緯など。そういったシーンが全くなかったわけではありませんが、もっと詳しく描いて朝日軍がどのように勝てるようになったかを伝えてほしかったです。
 
ただ、そうしてしまうと時代背景だったり登場人物たちの心理描写を伝えられなくなってしまう可能性があります。
じゃあ全部入れたいものを入れればいいかというと尺が長くなってしまう。
2時間の枠の中ではどうしたって取捨選択を迫られる。このあたり石井監督は悩まなかったのか聞いてみたいものです。
 
 

てなわけで、めちゃめちゃおもしろかったとは思いませんでしたが、野球のシーンであったり、美術の素晴らしさであったり、役者の名演技であったり見所は随所にあるので映画館で観る価値はギリありかなと。
 
バンクーバーの朝日オフィシャルサイト
 
 
石井作品、次は「川の底からこんにちわ」、「ぼくたちの家族」あたりを観ようかな。
と、その前にハードディスクに眠っている「舟を編む」が先かな。
 

 
 
おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

2015年は音楽映画(伝記、ドキュメンタリー)が豊作な件

今年はドキュメンタリーとかアーティストの伝記ものとか音楽映画が豊作のようです。 これから上映予定の

記事を読む

「永遠の0」レビュー(後半ネタバレあり)

2013年の映画見納め。久々に映画館で映画観ました。 ということで今回は「永遠の0」のレビューを。

記事を読む

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Joh

記事を読む

「パーソナル・ソング」を観て感じた音楽体験の素晴らしさ

学生時代からドキュメンタリー映画が好きで、劇場に観に行くこともちょいちょいありました。でも、パンフレ

記事を読む

「シュガーマン 奇跡に愛された男」レビュー

昨夏の「ルーツオブレジェンド」以来の音楽ドキュメンタリーを観てきました。 「シュガーマ

記事を読む

chocolatedonuts

「チョコレートドーナツ」を観てアラン・カミングのファンになった

最近、30近くなったせいか涙脆くなってる気が。。 この前もこの映画観てボロ泣きしました。 &nb

記事を読む

「EDEN」を観て感じたDJのことクラブのこと青春のこと

いやぁ、今年は音楽系映画の当たり年ですね。先日、DJを題材にしたフランス映画「EDEN」を観てきまし

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

Instagramで振り返る2015年

2015年、あっという間でした。 個人的に大きな変化の年となりました

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑