*

DJ NORI「Back to My Roots NORI’s SALSOUL MIX」レビュー

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 音楽 ,

 

CDを一周聴き終えた時点で、とても清々しい気持ちになりました。
収録されている楽曲が素晴らしく、ミックスが楽曲の良さを殺さずに世界観を作っています。
30年以上のキャリアを持つプロのDJの経験と技を堪能。
今回はそんなミックスCD、「Back tom My Roots NORI’s SALSOUL MIX」の紹介を。

Back to My Roots NORI's SALSOUL MIX
DJ NORI 「Back to My Roots NORI’s SALSOUL MIX」



  

このCDの概要

30年以上のキャリアを持つ、日本を代表するDJであるNORIさんが、クラブミュージックのルーツとして70~80年代に隆盛を極めたNYの名門レーベルであるサルソウルの音源のみを使用して作ったミックスCD(ノンストップで曲をつないでいく)です。
使用している音源はすべてNORIさんが所有する私物のレコードで、レコーディングは待ったなしの一発録り。
スマホでもDJができてしまうこのご時世にアナログターンテーブル2台だけで尚且つライブ録音をするというところに男気を感じます。
このCDの詳しい解説はこちらを参照してください。

 

NORIさんというDJの素晴らしさ

僕も趣味でDJをやりますが、DJの師匠が2人います。そのうちの一人がNORIさんです。
dj-nori

NORIさんとは同じ道産子&高校球児という共通点もあり、勝手に親近感を感じていますw
NORIさんが出演するイベントにも何度も足を運び、話をさせていただいたこともあります。
もうね、紳士なんですよ。握手した際にはギュッと手を握ってくれ、目を見て丁寧に受け答えしてくれる。
DJのプレイもまた紳士で、時間帯や会場の雰囲気に合わせた選曲をしてくれます。
NORIさんの選曲を聴くたびに、選曲の大切さを実感します。
 
今までに聴いたことがあった曲で、NORIさんの選曲を通して聴くことで好きになった曲も多くあります。
“音楽のかけ方、音楽そのものの表現方法を知っている世界の至宝”と紹介されますが、本当に納得です。
今は青山に新しくOPENしたZEROというクラブで「TREE」というパーティーを毎週水曜日に開催しています。
0 Zero Facebookページはこちら

 

素材を活かすということ

TRFのSAMさんも好きなサルソウル、僕もLarry Levanのオムニバスを通じて知って以来、大好きです。
今から30年以上前の楽曲にもかかわらず、色褪せないクオリティ。
 
収録曲 8:Bunny Sigler – By The Way You Dance (Unreleased Larry Levan 12″ Remix)

 
そんな楽曲群で構成されているが故に、NORIさんはほとんどの曲の大部分をかけてあくまで自然に曲と曲を繋いでいます。
メドレーみたいに多くの曲を矢継ぎ早に繋いでいくミックスとは対称的です。
これについてはNORIさんもライナーノーツで以下のように述べています。

“曲を大事に聴かせて、間奏で繋げないで間奏を聴かせるという基本を教わった” 本作ライナーノーツより

楽曲の良さを知ってるからこそ、下手に手を加えるのではなく素材そのものを活かす、そしてサルソウルの世界観を作っていくために最低限の調理(自然に繋ぐ)をする、
旨い肉はタレに付ける必要はなく少量の塩をつけるだけでよい、そんなNORIさんの信念を感じます。
主役はあくまで楽曲で、DJはその楽曲の良さを引き立たせるために存在するということを改めて実感しました。

 

70年代NYへの憧れ

ライナーノーツではNYのカリスマDJであるフランソワKの言葉を引用しています。

「(70~80年代のNYのクラブシーンについて)何もかもがすごくクリエイティブな風潮に覆われていた。私が思うには歴史上かなり特別な時代であり、ある意味では同じ事が今後再現不能だと思う」 本作ライナーノーツより

クラブカルチャーが生まれ、それ以外でもヒップホップ、パンクが同じ70年代のNYで生まれています。
その時代を体験していない僕は、とても憧れます。
このアルバムを聴いていると憧れの70年代NYの雰囲気を少し感じれる気がします。

 

おしまい。

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

zacjapan

ワールドカップ日本代表の応援に相応しいテーマソング候補10撰

いよいよ開幕、ワールドカップ。 日本が勝ち進めるかも気になりますが、大きな事件が起きること

記事を読む

銀杏BOYZ

新譜を聴きながら銀杏BOYZと峯田和伸のことを想う

遂に出た。銀杏BOYZの2ndアルバム「光の中に立っていてね」が出た。 前作「君と僕の第三次世

記事を読む

「EDEN」を観て感じたDJのことクラブのこと青春のこと

いやぁ、今年は音楽系映画の当たり年ですね。先日、DJを題材にしたフランス映画「EDEN」を観てきまし

記事を読む

CDJスタンドの購入をやめて予算7000円で棚(置き台)を自作してみた

さすがにクラブでプレイすることはなくなりましたが、家ではちょこちょこやってます、DJ。 前回書いた

記事を読む

アラサー厨二ロッカーズが好む夏のドライブBGM用邦楽ロック5撰

8月!暑い!夏休み!   旅行で車を借りてドライブなんて機会もあるかと思います。そこで

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った ミッシェル

記事を読む

ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った

トクログ初の連日投稿になります。この先ないかもしれないくらいレアです。  

記事を読む

ブッダがカッコよすぎて他の日本のヒップホップが聴けなかった

「病める無限のブッダの世界」を聴きながらこの記事を書いている。    

記事を読む

live

あんまり好きじゃなかったけど、ライブ観てゾッコンになった邦楽ロック5曲

前回のエントリーから、厨二ロック熱が高まったままです。 「BEACH」に収録されている「人間」を聴

記事を読む

ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~

10月11日はどうしたってミッシェルのことを思い出します。 毎年この日はミッシェルへの想いはこれと

記事を読む

 

Comment

  1. […] 関連記事:【音楽】DJ NORI「Back to My Roots NORI’s SALSOUL MIX」レビュー おしまい […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

Instagramで振り返る2015年

2015年、あっという間でした。 個人的に大きな変化の年となりました

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑