*

ワールドカップ日本代表の応援に相応しいテーマソング候補10撰

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 音楽, スポーツ

 

いよいよ開幕、ワールドカップ。

worldcup_blz
日本が勝ち進めるかも気になりますが、大きな事件が起きることなく無事に大会が終わるかを案じずにはいられません(´д`)
 
今回はそんなワールドカップに強く結びつくテーマソングについて書いてみます。
 



  

過去のテーマソング

スポーツと音楽の結びつきって強くて、ワールドカップにおいても近年の大会では公式非公式含めるとけっこうな曲がテーマソングになっています。
 
一応、近年の大会では公式テーマソングってのがあるみたいです。
参照:サッカーの有名な曲・FIFAワールドカップ公式ソング
 
各テレビ局でもテーマソングあるんですね。
参照:FIFAワールドカップ2014のテーマソングや応援ソングをまとめる
日テレのバーター感たるや・・・
 
ネットでは林檎の曲の歌詞が物議を醸していますね。

 
まぁ、歌詞は置いといて曲調はアップテンポでノリはいいですよね。。。でも個人的にはしっくりきません。
 
日本代表公式ソングってのもあるんですね。

 
櫻井さんが自他ともに認めるサッカーファン、長谷部が試合前にミスチル聴いてる、そんな背景があって採用されたんですかね。櫻井節にみんなで唄える「WOW~WOW~」ってフレーズつけていっちょあがり・・・これで応援?うーん、、、しっくりきません。
 
上記2曲とも楽曲のクオリティはそりゃ素晴らしいと思います。日本を代表するミュージシャンですからね。ただ、ことサッカーのテーマソングとなるとなんか違う。もっと気持ちがグワ~っと高まって、「おっしゃいくぞー!!」ってなれる曲がふさわしいんじゃないかなと思うわけです。

テーマソングを定義してみる

そこで改めて自分がサッカーのテーマソングに求めるポイントをまとめてみました。
※あくまで個人的見解です。
 
・ノレるか
もっとも大事。やっぱり興奮した状態でサッカー観たいですから。試合前にライブやって試合会場盛り上げられる曲がいいと思います。
 
・聴くと闘争心が湧いてくるか
今までのテーマソングの中で一番足りない要素。やっぱ戦いなわけですよ。国のプライドをかけて勝利を掴み取りに行くわけですよ。観てる側としても選手と同じように闘争心燃やして試合に臨みたいわけです。闘争心という言葉から連想する曲といえば、Rage Against The Machine「Guerrilla Radio」ですね。(「PRIDE」の影響が強いってのはありますがw)
 

 
・皆で歌えるフレーズがあるか
サッカーでは特に大事な要素。試合前、試合中に会場のムードを高める、選手を鼓舞するために皆で歌えるフレーズがあるのは大事だと思います。
 
2006年のドイツワールドカップのときにイタリアの選手やサポーターがことあるごとにThe White Strypes「Seven Nation Army」を大合唱していた映像を観て衝撃を受けました。
 

 
なぜこの曲なのかという驚き(原曲はアップテンポではない)と羨ましい気持ちでいっぱいになりました。日本ではこんなに盛り上がれる曲が思い当たらなかったから。
 
でも、日本にも上記のポイントを満たしたテーマソングに相応しい曲はある!

テーマソングに推す邦楽10曲

というわけで邦楽からテーマソング候補を10曲選んでみました。やっぱ日本を応援するわけですから、日本人の作った曲を聴いて我々サポーターも試合に臨みたい次第です。
ちなみに私、筋金入りの厨二病だったので、かなり選曲が偏っていますがあしからず。
 
 

・Fantasista

曲のノリ★★★★☆
闘争心★★★★☆
合唱フレーズWow〜Wow〜Wow(サビ)
評点9.2

もう12年前ですか。サッカーをイメージして作られた曲なだけにとても合うと思います。加入当初から疑問だったんですが、ダンサー2人の存在理由が未だにわかりません。


 
 
・Right Riot

曲のノリ★★★☆☆
闘争心★★★★★
合唱フレーズ該当なし
評点6.3

kjつながり。この曲アップテンポというわけではないんですが、なんたってヘヴィなリフがめちゃくちゃアガります。これから戦うぞって気にさせてくれます。リフがすべてなんで合唱フレーズがないのが残念。


 
 
・Vamos Tokyo

曲のノリ★★★★★
闘争心★★★★☆
合唱フレーズNananana〜(イントロ)
勝つのはおれたちだ(サビ)
評点9.0

謎の覆面バンド(ということになっている)のカントリーパンク。FC東京の応援ソングということもあって、ノリよくて合唱フレーズもある。サビのTOKYOをJAPANに替えれば、そのまま唄えますよね。

 
 
・リボルバージャンキーズ

曲のノリ★★★★★
闘争心★★★☆☆
合唱フレーズOh〜oh リボルバージャンキーズ(サビ)
評点8.7

ミッシェルの中でもジェニーと並ぶアップテンポなナンバー。ライブでのサビの合唱はとても気持ち良かったなぁ。もう見ることはできないけど・・・涙

 
 
・Too Hip Gotta Go!

曲のノリ★★★★★
闘争心★★★★☆
合唱フレーズHey!ho!Too hip gotta go!
評点8.5

スカパラといえば、「DOWN BEAT STOMP」が挙げられがちだけど、攻撃的なリフが印象的なこの曲を選んでみました。「Hey!Ho!Too hip gotta go!」のフレーズは合唱にも向いてるかと。

 
 
・PULSE

曲のノリ★★★★★
闘争心★★★★☆
合唱フレーズYou comin' through ~(サビ)
評点7.8

懐かしのMADです。ちょっとヘヴィですが、サビのフレーズは合唱に合うかなと思いました。そういえば、中田ヒデの出ていた清涼飲料水のCMで「Good Girl」が使われていましたね。

 
 
・BLZ

曲のノリ★★★★★
闘争心★★☆☆☆
合唱フレーズ該当なし
評点7.0

唯一、バンドじゃない曲。でも、この曲は2002年の日韓ワールドカップの時のテレビ東京のテーマソングだったそうです。やっぱ4つ打ちはアガりますね。クラブのパブリックビューイングでは確実にかかってるでしょうね。

 
 
・FAIRWAY

曲のノリ★★★★☆
闘争心★☆☆☆☆
合唱フレーズ結局は今を忘れるなら〜(サビ)
評点6.3

ちょっとサッカーには合わないかと一瞬思いましたが、この曲は割と合うかなと。サビも合唱できそうだし。やっぱりこのバンド好きだなぁ。

 
 
・Kick It Out

曲のノリ★★★★★
闘争心★★★★★
合唱フレーズ該当なし
評点7.7

これも「Right Riot」同様、闘争心を掻き立てられます。テンションもアガりますよね。合唱フレーズがないのが悔やまれます。

 
 
・PMA

曲のノリ★★★★★
闘争心★★★☆☆
合唱フレーズOh〜oh〜oh(サビ)
評点8.6

KEMURIの代表曲。タイトル通りポジティブでノリが良くていいですよね。ライブのときには拳を突き挙げてサビのOh~oh~ohを叫んだ記憶があります。

 
 
いやはや、本当に偏ってしまいましたw
こうして挙げてみると、ノリの良さと攻撃性に加え、皆で歌える応援歌=チャントの要素を持っている曲がハマりそうです。
 

 
このプレイリストをクラブで流して皆で踊って歌って試合観たら、すごくハイテンションで応援できる気がする。あるいは試合会場でライブしちゃう。ブラジル遠いけど仕事でってなったら行ってくれるかもね。
 
がんばれザックジャパン!
zacjapan
(c)日本サッカー協会 壁紙ダウンロードはコチラ
 
 

おしまい。

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った

トクログ初の連日投稿になります。この先ないかもしれないくらいレアです。  

記事を読む

Technics SL1200-MK5

ターンテーブル(Technics SL1200)を自力で修理してみた(ケーブルのはんだ付け)

今回は少しマニアックなネタを。 私、趣味でDJをたしなんでおりまして。   CD

記事を読む

CDJスタンドの購入をやめて予算7000円で棚(置き台)を自作してみた

さすがにクラブでプレイすることはなくなりましたが、家ではちょこちょこやってます、DJ。 前回書いた

記事を読む

live

あんまり好きじゃなかったけど、ライブ観てゾッコンになった邦楽ロック5曲

前回のエントリーから、厨二ロック熱が高まったままです。 「BEACH」に収録されている「人間」を聴

記事を読む

高校球児に教えられたこと(甲子園決勝、前橋育英-延岡学園を観て)

今年の甲子園も盛り上がりましたね。 個人的には初戦で浦和学院に勝った仙台育英がいくと思ったんですが、

記事を読む

銀杏BOYZ

新譜を聴きながら銀杏BOYZと峯田和伸のことを想う

遂に出た。銀杏BOYZの2ndアルバム「光の中に立っていてね」が出た。 前作「君と僕の第三次世

記事を読む

DJ向井理のハウス愛を知る-inter FMを聴いて-

先日、ラジオでおもしろい番組がやってました。   「OSAMU MUKAI BODY&

記事を読む

ミッシェルガンエレファントが解散して10年が経った

10年前の10月11日の今日、ミッシェルガンエレファントという偉大なロックンロールバンドが解散しまし

記事を読む

「クソジーコ問題」に見るメンバー社員が持つべきメンタリティ

組織に属していると色々な問題が起きたりするわけで。そんな中に「クソジーコ問題」というものがあるそうで

記事を読む

おニャン子、Perfumeの次にくるバレンタイン定番曲はこれだ

いよいよ近づいてきたバレンタイン。義理でもなんでも貰えるのは嬉しいものです。 が、今年はなんと土曜

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガ

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

→もっと見る

  • 2017年10月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑