*

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

公開日: : 音楽 ,

 

今年も書けました。
 
ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った
ミッシェルガンエレファントが解散して10年が経った
ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~
ミッシェルを名盤で振り返る②「Gear Blues」~解散から12年~
 
名盤レビュー。3回目は5thアルバム「CASANOVA SNAKE」です。
 

 



  

初めて聴いたときのとまどい

高校進学が間近に迫った中3の春、胸を躍らせてデパートのCDショップに行ったことを覚えています。大好きで半年間ずっと聴いていた「Gear Blues」の次のアルバムということで期待値がとても高まってました。取り寄せていたアナログ盤を受け取り、実家のリビングのターンテーブルに乗せた瞬間、衝撃を受けました。
 
「・・・思ってたんと違う。。」
 
重くてゴリゴリしていた「Gear Blues」に比べて、タイトでシャープな曲調・・・そして、、、ギターウルフっぽい。。

 
今聴き比べるとかなり違うんですが、当時はダブったんですよね。ロカビリーの要素ですかね。
ギターウルフは嫌いというわけではなくむしろ好きだったんですが、ミッシェルがギターウルフに寄っていった気がしたのと「Gear Blues」の延長を想像していたのとで、この曲調は意外でなかなか受け入れられなかったことを覚えています。
 
好きになるきっかけはそれから3年半後。解散ライブに行ったときです。

ドロップ→バードメン→ゲットアップルーシーからのデッドスターエンド。

 
これがこのライブの中でもTOP3に入るカッコよさで。「こんなにカッコよかったかこの曲!?」とモッシュしながら驚いていたのを覚えています。
そして解散までの道のりの中で、このアルバムがあったから次作の「RODEO TANDEM BEAT SPECTOR」やSABRINA2部作があったんだなと思うと発売当時とはまた違う印象を持ちました。

好きな収録曲

ロカビリー調の曲が多いのがこの作品の特徴。
3曲挙げるとしたら・・・以下の通りです(上記で紹介している「デッドスターエンド」は除く)。
 
・ヤングジャガー

 
最初のギターリフがたまりません。そして「LONDON CALLING」のときのTHE CLASHぽさを感じます。
 
・ピストルディスコ

 
このアルバムを象徴する曲。タイトなスネアに高速のギターリフ。曲名にも因んで踊れるキラーチューンです。僕が初めて人前でDJをしたときにもかけました。
 
・リボルバージャンキーズ

 
このアルバムの中でも最も有名で人気のある曲ですね。うん、いい曲ですもん。ライブでも何度も聴きましたが、盛り上がり方が半端なかったです。ライブ時の冒頭のレゲエver.がたまらなくて、解散ライブのときは過去の曲の歌詞に出てくる女の子たちに別れを告げて・・・あれは泣きました。
そして間奏時には定番となったウエノの「Hey!Ho!Let’s Go!」の合唱。これのおかげでRAMONESの曲を知った人多かったんじゃないかな。僕もRAMONES聴くきっかけはこれでした。
 
コピーバンドでも度々演奏しました。大学の学校祭のステージで演奏したときは気持ち良かった。あとで友人から「PAさんもノリノリだったよ」って聴いて嬉しくなったのを覚えています。
 

ライブを経て、時間を経て、聴いた印象も変わる

このように第一印象はよくなかった「CASANOVA SNAKE」ですが、ライブを通じて楽曲の良さに気付き、また時間が経って(解散してから)聴くことで(最初のときとは)違う聴こえ方がしたり、昔のバンドの音源を聴くことでこのアルバムの曲がどういう影響を受けたかを知ったりして楽しむことができました。
 
casanovasnake

今聴いても改めて思うのはこのアルバムを出した頃が一番勢いがあったんだなということです。全国ツアーだけではなくアメリカツアーも行っていましたし、ライブ盤も出していましたしね(収録曲のBPMの速さは今聴いてもヤバいですねw)。
そんな前のめり感がパッケージされた作品だったんだなぁと感じます。
 

 
それまでとは違うミッシェルの魅力を感じられた一枚、名盤は色褪せない。
 
 
おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

ミッシェルを名盤で振り返る②「Gear Blues」~解散から12年~

10月11日はやっぱり特別な日です。気付けば4年連続でこの日にミッシェルのことを書いています。 &

記事を読む

アラサー厨二ロッカーズが選ぶ夏の終わりに聴きたい邦楽ソング5撰

今日は8月31日。東京もここ最近の涼しい気候のせいで夏の終わりを感じぜずにはいられません。そんなわけ

記事を読む

フジテレビ「THE ROCK STORIES」を観て ※ネタバレあり

先日、フジテレビで放送されたロック特番がとてもおもしろかったんです。   「T

記事を読む

Bloodthirsty Butchers 吉村秀樹氏を偲ぶ

吉村秀樹氏の訃報を知ったのは16時頃だった。 突然のニュースに動揺し、その後は仕事があ

記事を読む

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Joh

記事を読む

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュージック」という良著と出会いまし

記事を読む

live

あんまり好きじゃなかったけど、ライブ観てゾッコンになった邦楽ロック5曲

前回のエントリーから、厨二ロック熱が高まったままです。 「BEACH」に収録されている「人間」を聴

記事を読む

「パーソナル・ソング」を観て感じた音楽体験の素晴らしさ

学生時代からドキュメンタリー映画が好きで、劇場に観に行くこともちょいちょいありました。でも、パンフレ

記事を読む

Nicky Sianoに酔いしれた夜 -A Tribute to Larry Levan 2014-

ダンスミュージックが好きで、好きなDJのパーティーだと一人で行っちゃいます。  

記事を読む

ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った

トクログ初の連日投稿になります。この先ないかもしれないくらいレアです。  

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

Instagramで振り返る2015年

2015年、あっという間でした。 個人的に大きな変化の年となりました

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑