*

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

公開日: : 音楽 ,

 

今年も無事書けました。
 
<過去記事>
ミッシェルガンエレファントが解散して9年が経った
ミッシェルガンエレファントが解散して10年が経った
ミッシェルを名盤で振り返る①「Chicken Zombies」~解散から11年~
ミッシェルを名盤で振り返る②「Gear Blues」~解散から12年~
ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~
 
名盤レビュー。4回目は2ndアルバム「High Time」です。
 

 



  

ミッシェル史上、一番ギターのカッティングが刻まれ、ベースが跳ねているアルバム

「Chicken Zombies」で初めてミッシェルを知り、急激に惹かれてこのアルバムを聴いたのを覚えてます。1曲目の「Brand New Stone」→「リリィ」→「恋をしようよ」とキャッチなーメロディと「せーの!」でみんなで音を出したような、これぞバンドサウンドという感じが聴きやすいなと感じていました。
が、4曲目「Sweet Monaco」あたりから気付きました。
 
なんか後ろのギターとベースがえらいことになってる!
 
のちにカッティングと知るギターの奏法は衝撃的だったしブリンブリン飛び跳ねているようなベースラインが耳について離れませんでした。もちろん「Chicken Zombies」にもあったんですが、このアルバムではそれが際立っていたように思います。中でも5曲目の「シャンデリヤ」。
 

 
このアルバムで真っ先に思い出すこの曲。アベのカッティングギターもウエノのベースラインもたまらんです。テクニカルな演奏の一方でチバのボーカルはどことなくあどけなさがあって、今聴くとかえって新鮮に感じたりもします。
聴いていた当時が中1だったこともあり、自分の中では青春を感じるアルバムです。

好きな収録曲

このアルバムもまた好きな曲が多いですが、特に思い入れあるのは以下3曲。
 
・flash silver bus

 
「WORLD STEREO LYNCH」という映像作品(当時はVHS)に収録されているライブシーンが強烈に目に焼き付いてる。タイトなドラム、うねったベースライン、ジャッキジャキのカッティングギター、ブルースハープ(初期はけっこう使ってたな)、それぞれのパートがだんだんと乗っかってくるイントロがとてもカッコ良いです。
 
・Baby please go home

 
初期~中期のライブでは定番曲。3コードのロックンロールと言われたらこの曲を連想する。バンドでも何度もコピーしたなぁ。ライブ盤「CASANOVA SAID “LIVE OR DIE”」ではテンポが倍くらいになってて今聴いても笑える。
 
・リリィ

 
ベタだけどやっぱりこの曲が大好きだ。一番好きなのは間奏&後奏のギターのフレーズ。観に行った解散ライブではこの曲が一番印象に残っている。後奏のときにアベがすぐにギターを弾き出さずにフィードバック音がこだましていた光景がいまだに忘れられません。
 

バンドのやんちゃさが自身の思春期と重なる


明るい曲調&軽快なテンポの曲が多いので、このアルバムは夏のイメージが強いです(リリースは11月ですが)。
流れとしてはこの次の「Chicken Zombies」から寡黙で激しくなっていき、バンドとしても威圧感を帯びていくので、やんちゃな印象も「High Time」まで。そういった意味でも青春を感じるのかなと思います。

ちなみに上記画像のアナログ盤はタイトルがちょっと違って「Is this High Time?」。CDには収録されている「キャンディ・ハウス」と「スロー」が無く、「bowling machine」と「blue nylon shirts」がCDとはヴァージョン違いになっています(ミッシェルあるある、これがファンにはたまらない)。
 

 
今でも夏に聴きたくなる青春の一枚、名盤は色褪せない。
 
 
おしまい

followme
  • twitter
  • facebook
  • googleplus
  • hatena
  • rss

関連記事

Nicky Sianoに酔いしれた夜 -A Tribute to Larry Levan 2014-

ダンスミュージックが好きで、好きなDJのパーティーだと一人で行っちゃいます。  

記事を読む

live

あんまり好きじゃなかったけど、ライブ観てゾッコンになった邦楽ロック5曲

前回のエントリーから、厨二ロック熱が高まったままです。 「BEACH」に収録されている「人間」を聴

記事を読む

Bloodthirsty Butchers 吉村秀樹氏を偲ぶ

吉村秀樹氏の訃報を知ったのは16時頃だった。 突然のニュースに動揺し、その後は仕事があ

記事を読む

「パーソナル・ソング」を観て感じた音楽体験の素晴らしさ

学生時代からドキュメンタリー映画が好きで、劇場に観に行くこともちょいちょいありました。でも、パンフレ

記事を読む

ミッシェルガンエレファントが解散して10年が経った

10年前の10月11日の今日、ミッシェルガンエレファントという偉大なロックンロールバンドが解散しまし

記事を読む

snapshot

The Strypes「Snapshot」レビュー

いやはや、やってくれましたよ少年たち。   もうね、キラっキラのロックンロールです

記事を読む

日本のクラブシ-ンの今後を考える~代官山AIRクローズによせて~

2015年の終わりとともに14年の歴史に幕を閉じる代官山AIR。頻繁ではなかったものの何度か通ったダ

記事を読む

フジテレビ「THE ROCK STORIES」を観て ※ネタバレあり

先日、フジテレビで放送されたロック特番がとてもおもしろかったんです。   「T

記事を読む

zacjapan

ワールドカップ日本代表の応援に相応しいテーマソング候補10撰

いよいよ開幕、ワールドカップ。 日本が勝ち進めるかも気になりますが、大きな事件が起きること

記事を読む

「Looking For Johnny」を観てジョニーサンダースのことを想う

今年は音楽映画豊作の年ですが(→参照記事)、その中でも一番観たかった「Looking For Joh

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitter facebook googleplus hatena rss

@toku0909のブログです。
備忘録、アウトプットの鍛錬、そして共感を求めて、見たこと、感じたこと、思ったことをつらつらと綴ります。>>more

ミッシェルを名盤で振り返る④「High Time」~解散から14年~

今年も無事書けました。   <過去記事> ミッシェルガ

Instagramで振り返る2016年

毎年思うけど1年って本当にあっという間。 今年もInstagra

ミッシェルを名盤で振り返る③「CASANOVA SNAKE」~解散から13年~

今年も書けました。   ミッシェルガンエレファントが解散

「ナタリー式トレーニング」(唐木元・著)を読んだら文章を書くのがまた好きになった

このブログのほか仕事においても文章を書く機会は多々あります。今回読んだ

「ブラックマシンミュージック」(野田努・著)を読んで感じた音楽のルーツを知る大切さ

去年の5月に書こうと思っててようやく書けた… 「ブラックマシンミュー

→もっと見る

  • 2017年10月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑